める〠あと

2匹の猫とのまったり・ほっこりHappy Life & My Home




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

忘備録-2015⑤yamado- :: 2016/05/02(Mon)

11月後半は、東北・平泉に行ってきました。
あわよくば紅葉も期待してましたが、遅かったようで紅葉旅とはなりませんでした

宿泊したのは、岩手・湯川温泉にある山人-yamado-
こじんまりとした、二人旅に向くモダンな御宿です。

DSC03197_R_20160502232410af8.jpg

DSC03219_R_201605022324124dd.jpg
部屋のテラスと半露天。川がすぐ目の前でいい景色

DSC03216_R_20160502232411b6f.jpg

今回は、平泉観光の近くにある宿を探してこちらにしたので、
それ程印象には残ってないのですが・・・。

渓流沿いの貸切露天は、朝は景観もよく気持ちよかったですが、
夜は湯船がブルーにライトアップされていて、私的にはイマイチ・・・
ここは部屋のお風呂以外は、こちらの貸切風呂しかなく
思い立った時に、自由に入れないのが残念でした。

途中、一関の景勝地・厳美渓へ立ち寄り。
ゴツゴツとした岩のダイナミックな景観が印象的な渓谷でした!

DSC03234_R_20160502232413a89.jpg

DSC03244_R_20160502232415557.jpg

お昼は、一関名物の餅料理を食べました。訪れたのは三彩館ふじせい
駅前にある喫茶店のようなお店ですが、味は確か
色々な味を楽しめる餅御膳は、見た目も華やかで可愛い!
更にセットでつくお雑煮の餅の柔らかさ・きめ細やかさが最高に美味しかったです

その後、お目当ての平泉・中尊寺へ行き、金色堂を拝見しました。
・・・が、デジカメの充電がなくなってメインが撮れず
写真には残せなかったけど、金色堂の神々しさは、ちゃんと心に刻みつけましたよ





スポンサーサイト
  1. 旅行-温泉-
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

忘備録-2015④岩の湯・小布施- :: 2016/01/14(Thu)

秋の気配を感じ始めた9月。信州へ♪

数年ぶりに仙仁温泉『岩の湯』を訪れました。
今時、インターネット予約ができない電話予約のみの宿ですが、
相変わらず人気のようです

DSC02740_R.jpg

DSC02734_R.jpg

大自然の中にある秘境の1軒宿。
すぐ横に仙仁川のせせらぎが聞こえ、周囲を山に囲まれたロケーション。

温泉は、高台の見晴らしが良い貸切風呂と巨大な洞窟風呂が楽しめます。
特に洞窟風呂、スリル満点で私は大好き。(お年寄りにはかなり危険です

DSC02745_R.jpg

DSC02749_R.jpg

食事も目を魅く演出とともに、岩魚やお肉が登場
温泉に来たぞ!って雰囲気に浸れる、楽しい内容でした。

DSC02764_R.jpg

帰りは、栗の産地・小布施に立ち寄り。
この時期限定の新栗のモンブラン
栗そのものの自然かつ濃厚な甘みに感激しました


  1. 旅行-温泉-
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

忘備録-2015③あさば- :: 2016/01/12(Tue)

6月。
私が好きな紫陽花の季節。

DSC02029_R.jpg

仕事が一段落したので、花見と温泉にぷらりと出かけました

名旅館としての誉れ高い、修善寺『あさば』

自分には、まだ敷居が高いと思っていたのですが、
急な旅行でいい宿が見つからない中、『あさば』にたまたま空きがあり、
これもご縁かと思い、背伸びしてしまいました

DSC02062_R.jpg

DSC02046_R.jpg

宿は温泉街の道路沿いにあります。
もっと宿の敷地が広く、門構えが外からは見えないのかと思っていたので意外でした。

ただ、暖簾をくぐると、眼前に突如現れる別世界!

あの有名な能舞台を臨む池が絵画のように広がり、
布1枚で隔たれた非日常空間に、もう心が鷲掴み

DSC02059_R.jpg

すべてが純和風かと思いきや、飲み物もいただけるラウンジは
デザイナーズの家具が並び、モダンな設えでした。
テーブルに揺れるキャンドルを見ながら眺める池の景色は、いつまでも見飽きません。

夕暮れになると、木の小舟に船頭さんが乗り、池に灯篭を浮かべていきます。

夜のライトアップされた能舞台は、実に幽玄で
うっとりするほど美しかったです。

DSC02050_R.jpg

露天風呂も池を眺めるつくり。
奥の藤棚が咲いていたら、さぞ美しいでしょうね。

DSC02073.jpg  DSC02079.jpg

お料理は派手さはないのですが、すべて素材の味を生かしたもので
とても上品な味でした
なんというか、しみじみとした美味しさが伝わってきます。

館内も本当に清潔で、すべてが行き届いていて
さすが日本の最高峰の宿に相応しい風格でした。
この宿の持つ空気感は、やはり他とは別格な気がします。

スタッフの心配りも素晴らしく、居心地も良いのですが
なんとなく、まだ自分がこの宿に釣り合ってないような気がして・・・。
もう少し年を重ねてから、また改めて訪れてみたいな

DSC02110_R.jpg

帰りは河口湖周りで、富士山と菜の花のコラボを見れました!
行きに紫陽花を見たのに、帰りは菜の花なんて、不思議な花見旅行にもなりました~。



  1. 旅行-温泉-
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

忘備録-2015①黒川&湯布院- :: 2016/01/10(Sun)

去年は1度もブログを書かず、終わってしまいました
忘備録として、訪れた宿や場所を軽く綴っておきます。

1月。
ずっと行きたかった九州の温泉へ

初日は黒川温泉の『のし湯』
黒川温泉の宿は、佇まいやお風呂も
私が好きな岐阜の福地温泉に似ている感じ。
こちらも自然に囲まれた温もりある雰囲気のお宿でした

0106のし湯2_R

2日目は阿蘇をドライブしながら移動
濛々と噴煙をあげる雄大な阿蘇山に圧倒されました。

0106阿蘇_R

2日目は湯布院。
湯布院御三家の1つ、憧れの『玉の湯』

0107玉の湯1

0107玉の湯2_R

雑誌でもよく見るこの中庭。(冬なので緑が淋しいですが)
部屋もお風呂もパブリックスペースも、すべて洗練され、素敵でした
老舗らしい高級感もあるのですが、とてもリラックスできる空間で女性好みのお宿です。
最初は場違いかと緊張したのですが、スタッフさんも気さくで温かく
すごく居心地が良かった

0107玉の湯3_R

名物のクレソンと鴨の鍋もいただきました。

湯布院は、スイーツはじめとした食材のお土産が豊富で
翌日のお土産選びも楽しかったです。
ただアジアからの団体観光客も多く、商業化されすぎていて
町自体の風情は、あまり感じられなかったかな?

0107高千穂

途中、数年前にお~いお茶のCMで見た高千穂峡に立ち寄り。
冬だけどすごく温かい日で、ボートに乗り下から神秘的な景色を眺めました!

九州、食べ物も美味しく、景色も雄大で、とても楽しかったです
温泉もさすがのクオリティ!
まだまだ素敵な温泉宿がたくさんあるので、また是非訪れたいな~

  1. 旅行-温泉-
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

御宿かわせみ :: 2014/12/31(Wed)

2014年もラスト1日。

今日は、大慌てで掃除をし、年賀状を作り、ネコたちをシャンプーし
とっても慌ただしかった~
そして、ギリギリになっちゃいましたが
今年行った最後の旅行の記事を頑張って書き上げます


11月末の晩秋に、結婚記念日も兼ねて、福島へ旅行に行ってきました。
今回は完全に、宿目当て。それもお料理目当てで訪れました。

御宿かわせみ

ずっと前から、訪れてみたかった憧れの宿の1つです。

DSC00677_R.jpg

宿のある場所は、インターから割と近く、川が側にあるものの、
大自然に囲まれたロケーションというわけではない平凡な印象でした。

でも、宿の敷地に車が入った途端に、空気感ががらりと変わり
別世界に来たような感覚になりました
周りを見ても、もう紅葉の季節は終わったと思っていたのですが、
宿の敷地に入ったら、まだ鮮やかな紅葉が残っていて、すごく不思議!
まさか、こんなに素晴らしい紅葉が見れると思ってなかったので、感動~

DSC00679_R.jpg

仲居さんたちがズラリと正座でお出迎えしてくれ、
緊張と恐縮の中、チェックインをするロビーに案内されます。
ロビーからは、見事な日本庭園が眺められ、そこにも真っ赤な紅葉が
池には鴨たちが優雅に泳ぎ、見惚れる光景でした
ロビーも凛とした和の趣が心地よくて、チェックインしただけでこの宿の虜になります。

DSC00613_R.jpg

そういえば、部屋に通された時にはすでに浴衣のサイズが
私たちに合わせて変更されていました。
到着してチェックインをしている僅かな時間に、すでに客に合わせた
浴衣にさりげなく交換してあるって、心遣いが素晴らしい

DSC00660_R.jpg

img_suki1.jpg

今回は2Fの数寄屋造りのお部屋。
一番安いタイプなので、部屋付露天風呂はありません。(檜風呂の内風呂はついてます)
なので、夕食前に大浴場へ♪

DSC00657_R.jpg

DSC00656_R.jpg DSC00658_R.jpg

男女別の大浴場は、内風呂と露天、そしてカマクラのような
可愛らしい形をした低温サウナがあります。
部屋数も少ないので、大浴場も混み合うことなく、ゆったり入れました。
温泉も広さも設えも十分で、お湯もとても気持ち良かったです

そして、お待ちかねの夕食。
食事は朝夕とも部屋でいただきます。

先付、椀物の後、目にも鮮やかな紅葉が登場!
八寸:敷き紅葉 輝く宵の盛り合わせ

DSC00623_R.jpg

お部屋の灯りが落とされ、こちらの八寸が卓上に運ばれます。
まさに「料理の宝石箱や~!」という声が聞こえそうな演出!

DSC00625_R.jpg
灯りをつけるとこんな感じ。こちらでも十分キレイです♪

名称未設定-1

銀杏葛餅・虎ふぐ湯引白子豆腐・のどぐろ白味噌仕立椀・敷紅葉 輝く宵の盛り合わせ
本鮪造り天然平目造り・仙台牛フィレとフレッシュフォアグラの棚板焼き・石窯蕪蒸し
会津蒟蒻と水雲美味酢浸し・食事・水菓子・甘味



運ばれてくる料理、すべてが本当に美味しい。
食材も大間の鮪、天然の平目、のどぐろ等・・・すべての料理が贅沢すぎて
一品一品がワクワクしっぱなしでした。

メインは、仙台牛とフレッシュフォアグラの棚板焼き。
もう、見た瞬間に美味しいのがわかる(笑)。
今年一番、美味しいお料理でした

DSC00631_R.jpg

DSC00638_R.jpg

最後の締めの食事も凝っていました。
あぶったカラスミを添えた鯛茶漬け。
こちらも絶品で、お腹いっぱいのはずなのにペロリと平らげてしまいました。

さすがに料理で名高い御宿。
感動の美味しさでした。料理目当てのリピーターが絶えないのも頷けます。
料理は、毎月献立が変わり、3カ月毎の献立がHPで紹介されています。
毎月食べにくる常連さんもいるようです。
そんな贅沢とてもできませんが、でも、また季節を変えて、是非違うお料理を
食べてみたい

DSC00653_R.jpg

DSC00652_R.jpg

朝食もお部屋で。
こちらは、正統な和の朝食。どれもしみじみと美味しかったです。
私には量も丁度よく、朝から美味しくいただけました。


DSC00665_R.jpg

噂に違わぬ名旅館で、訪れて良かったと心底感じた宿でした。

ということで☆

miyuぱん評

温泉 
料理 
サービス  
コスパ 
ロケーション 

今年のNo1の温泉宿でした!
特に料理は、感動を覚えるほど美味しくて、また是非再訪したい
味だけでなく、演出や器も凝っていて忘れられない食事でした。
料理が運ばれてくるタイミングも絶妙で、部屋食なのにテンポも良かった!
オーソドックスな朝食も、とても好みでした。

温泉は、突出すべきものはないですが、清潔で広さも十分。
泉質もよく、気持ち良かったです。
湯上りのラウンジも飲み物、雑誌が充実し、過ごしやすかった。
部屋付露天があるタイプのお風呂も良さそうなので、次回は頑張って
そちらに宿泊してみたいです。

サービスもさすが!浴衣の件も、食事のタイミングも、ふとんの上下げも完璧。
ただ、私たちの担当の仲居さんは、ベテランさんではなくキャリアが浅い方だったせいか
あまり会話を楽しむことができず、物足りないと感じる方もいるかも。
森三中の黒沢さんそっくりで、私的にはお気に入りでしたが♪

コスパは、高い・・・けど。これだけの食材を惜しみなく使い
あれだけ美味しい食事なら、決して高くは感じない気が・・・。
コスパのいい宿に何回も行くなら、我慢してこちらに1回行くほうが満足度が高い気がします。

ロケーション自体は平凡です。眺望がいいわけでも自然に囲まれている訳でもない。
でも、敷地内に入ると、見事な庭園や宿の設え、空気感がすべてを包み込み
素晴らしい空間を創りだしています。
もともとのロケーションに頼らず、ここまで別世界にいるような感覚に
なるのは、逆に宿の努力の賜物だと思います。

本当にいいお宿でした☆


***帰りの寄り道***

帰りは日光に寄り道しながら、帰京しました
いろは坂は紅葉が完全に終わって枯れ山でしたが、
東照宮付近はまだ綺麗な紅葉が見れました


DSC00697_R.jpg

ランチは、霧降高原・山のレストランへ♪
テラス席から霧降の滝が見える、絶景レストラン!
残念ながら、もう寒くてテラス席はクローズでしたが、抜群のロケーションです。


DSC00683_R.jpg DSC00682_R.jpg
DSC00684_R.jpg

パスタとリゾットを注文。ちょっとお高めだけど、本格的で美味しかった
そして、最大のHITがパン
皮がパリパリ&サクサクで、中がふんわりもっちり
すんごく美味しくてクセになりそうでした。お土産で買った焼き菓子も美味しかったです

DSC00685_R.jpg

また、暖かい時に絶景テラス席に食べに来たいな♪


では。皆さん、良いお年を~










  1. 旅行-温泉-
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。